鹿毛様のお宅は軒樋の勾配が悪く、雨が降ると軒樋から雨水がオーバーフローしていたので今回の工事で軒樋交換工事を行いました。

新らしく勾配をきちんと取り直したので雨水がオーバーフローすることもなくなりました。

 

まずは高圧洗浄機を使って高圧洗浄を行っていきます。

 

 

 

コロニアル屋根のクラックがあるとこはシーリング補修します。

 

 

そして鉄部には下地処理の鉄部ケレンそして錆止め(2液ファインプライマー)を塗布していきます。

 

 

 

鹿毛様のお家は破風板も鉄部だったので下塗りとして錆止めを塗ります。

 

 

 

 

錆のひどい所には錆止めを塗る前にハイポンサビスタを塗ります。

ハイポンサビスタで錆の部分を固めます。

錆を固めることによって錆びの進行を抑えます。

錆の劣化がひどい所には大事な下地処理です。

 

 

 

鹿毛様のお家の帯部分は塩ビシートが貼ってあるので下塗りに塩ビプライマーを塗ります。

塩ビ部分には適した下塗りを塗らないで上塗りをすると、時間がたつと必ず塗装が剝げてきます。

 

 

庇は庇の上部から水漏れをしていて水が回ってしまい、庇の下地から腐っていました。

 

 

水が回っていたことで状態がかなり悪く、下地から腐っていたので庇を交換しないといけない所まで劣化していました。

今回の工事で腐ることのないアルミタイプの庇に交換しました。

 

 

 

(ビフォー)

 

 

 

 

(アフター)

 

アルミの庇に交換したので今後錆びることもなくなり、高級感も出ました!!(^^)

 

帯上のシーリングが劣化していたので、シーリング(変成シリコン)打ち替え工事を行いました。

放っておくと水が回り家の中に漏水したり、帯が内側から腐ってきます。

シーリング打ち替え工事は大事な下地処理です。

 

 

 

 

各所の下地処理が終わると後はどんどん塗っていきます。

最初に屋根を塗っていきます。

遮熱塗料のサーモアイシーラーを塗ります。

 

 

中塗りと上塗りは遮熱塗料のサーモアイSi塗っていきます。

 

 

 

 

軒天には屋根裏からの湿気を透湿しやすいケンエースを2回塗ります。

 

 

 

外壁は、下塗りにパーフェクトフィラーを塗って、上塗りにパーフェクトトップを2回塗っていきます。

 

 

 

付帯部分は上塗り(2液ファインSi)を2回塗っていきます。

 

 

 

 

 

完成です。

お家も生き返りました!!(^^)

今回の鹿毛様のお家は外壁塗装工事以外にも、樋交換工事・庇交換工事・面格子取付などの工事を行いました。

お家の事なら何でもご相談ください。(^^)