モルタルとは、外壁の種類の1つです。

最近ではモルタル外壁にする方が少なくなってきているようですが、そもそもモルタル外壁とはいったい何なのかご存知でしょうか。

モルタルとは、セメントに砂や水を混ぜて作った建築材料で、それを壁に塗っていったものをモルタル外壁と呼びます。

モルタル外壁は、モルタルの上から吹き付けをすることで様々な模様にすることができます。

その模様の形にこだわることで個性が出て、自分だけのオリジナルな外壁にすることができます。

一方、モルタルには水を使用しており、水が蒸発するとその分隙間ができるため、ひび割れが起こりやすいです。

ひび割れは、防水効果を下げ家の耐久性を弱めるので注意が必要です。

ひび割れが起こると塗装し直しなどのメンテナンスをしなければなりません。

また、手で塗っていく作業ですので職人さんの技量が問われます。

モルタル外壁にする場合には、その業者がしっかりやってくれるか判断する必要がありそうです。

モルタル外壁のメリット、デメリットを理解したうえで、信頼できる業者を選びましょう。