なぜ塗装が必要なのか?

お客様に本当の意味で満足してほしいから

現状、大手企業が扱う塗装現場では、下請け業者が工事をするので予算も厳しく、結果的に手抜き工事をしてしまう事が多いです。もちろん、下請け業者も最初から手抜きの工事をしたいわけじゃありません。そんな現場を見て、「もっとお客様に満足してもらいたい!」「もっと職人のチカラを発揮できる現場を作りたい!」と思い立ちました。
ご相談や無料のお見積もりから施工完了まで、一貫して行いますので、「営業と現場で話が違う!」ということも絶対にありません。責任を持ってお客様に納得頂ける仕上がりをお約束します。

職人とお客様が結ぶ信頼関係

お客様と職人が関わりあう塗装現場では信頼関係が一番大事です。
どんなに小さな疑問も、ほっておくと後々に大きな不安になります。
そんな時に、信頼できる職人たちが現場にいることで、少しでもお客様の不安を取り除ければと思っています。営業のいない職人だけの会社ですが、職人ならではの目線に立ちお客様のご相談にしっかりと丁寧に答えさせて頂きます。どんなに小さなことでも、ほっておかずに、お気軽にご相談ください。

ありがとうでつなぐ、大切なご縁

当社の理念でもある「縁」
自分たちを育ててくれた街や人に対して、何かできることがないか。
そのことばかりをいつも考えています。
エゴだ。キレイ事だ。と言われることもありますが、塗装業という仕事を通して、お客様を始め、ご近所の皆様、街に住まう方々と共に発展し、皆様から感謝されるような会社を目指しています。初心を忘れず、自分たちのできること「塗り替えリフォーム専門店」として、これからも努力を怠らず、皆様を「ありがとう」でつないでいけるよう頑張ってまいります。

最後に

信栄塗装のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
信栄塗装代表の稲澤信介です。
20歳のころ友人の紹介で塗装業に初めて触れ、26歳で独立開業し、19年間塗装一筋でやってまいりました。山あり、谷ありでしたが、その度に大切な方々との強い絆で結ばれてきました
会社の規模は小さいですが、気持ちの大きさ、職人の技術は誰にも負けません。
一生懸命納得のいく仕事をお客様に直接提供していきたい気持ちでがんばっています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。