お知らせ

外壁塗装工事、最後の仕上げ作業であるラインだしは非常に大事です!!

皆さんこんにちは、信栄塗装の稲澤です。

今日は外壁塗装工事の仕上げ作業である、ラインだし作業のご紹介をしたいと思います。

窓のサッシ廻りや、付帯塗装との取合い部分であるラインがにじんでいたり、ゆがんでいたりしたら

せっかく良い塗料でキレイに外壁塗装をしていても取合いのラインが真っ直ぐじゃなかったら見た目が

台無しです!!

 

このマスキングテープを使ってラインだしを行っていきます。

 

 

まずはラインだしする部分にマスキングテープを張っていきます。

 

 

そして刷毛で塗装していきます。

 

 

 

 

かっすん(春日)がサッシの裏の部分ももぐりこんでラインだししています。

信栄塗装は、細部まで妥協せず「塗料に想いを混ぜていきます。」

 

 

 

そしてマスキングテープを剥いでいきます。

 

 

ラインだし完了です。

 

 

 

 

 

 

塗装のラインが真っ直ぐになっていると大変気持ちが良く、外壁塗装工事が仕上がったことを実感できます!!

信栄塗装はラインだしには非常にこだわっています!!

 

信栄塗装の「信」は「信頼」の「信」です。